Update : 2019-05-02
SKETCH
元号が平成から令和に変わりました…私は全く興味ありませんが、巷ではお祭り騒ぎ…少し騒ぎ過ぎではないでしょうか。昭和から平成になった時は前天皇の喪中という事もあって、今回のようなお祭り騒ぎはなかったと記憶しています。むしろ翌年の年賀状の文面を気にしていたような…状況はどうであれ、新元号は本来は静粛に迎えるべきではないでしょうか?…私はそう思います。
誰が考えたの?…配色の達人。
珍しくもない水鳥ですが、この見事な配色に目を向ける人は少ないでしょう。どういう訳か周囲の風景ともベストマッチ…人間の感性など大した事ないなと思います。注意して見れば、画家にとっては学ぶことの多い自然界です。
遅咲きの八重桜も終わり…春から初夏。
春を彩った桜もそろそろ終わりです。まだ肌寒い気候ですが日増しに暖かくなって初夏の爽やかさが感じられるようになりました。私は4月中旬から風邪をひいたのか寒気が続き、今は喉が痛くてたまりません。季節の変わり目は要注意です。
絵画教室…生徒募集中
通信制絵画教室は毎月2~5回の授業回数選択制で時間指定も無く個別指導です。
絵画教室のご案内は、このページの下部分に掲載しています…ご覧ください…  Click Title !
このサイトは、美術工房-アトリエ「揺り籠」の
絵画デジタルイラストレーションPhoto Gallery、 などの作品紹介や  通信制絵画教室のご案内  をするものです。
また、 絵画制作の雑記帳  では、お絵描きに関する様々な情報を掲載しています。


(一般の方々及び絵画やデザインに興味のある方向け)
雑録 …「揺り籠」通信
絵画とは、物事の深層を診ることによって人の心を育てるもの…また、癒すもの。アトリエ「揺り籠」の活動は、この理念で貫かれています。
ギャラリー「揺り籠」WEB絵画教室。
サイト内のギャラリー「揺り籠」では、初級段階を終えた方のために WEB絵画教室 (中級編) を設けており、取材・背景制作・構図などについて解説しています。絵画制作の全てを満たすものではありませんが、どうぞご覧ください。
▼ なぜ絵を描くの ?

なぜ? と言われると明確な答えを返すのは難しいのですが、絵画制作とは「描きたいから描く…」だけです。この問題は、「人はなぜ生きてるの ?」といった質問と同じレベルの難問です。ただ、原始時代から「描く」ということがなされてきていることを考えると、これは人間の本能に根ざしていることなのかもしれません。
もともとは、言葉や文字のない時代のコミニュケーション手段のひとつだったのかもしれませんが、次第に装飾として扱われるようになり、さらに現在では「鑑賞」の対象という位置づけになっています。「鑑賞」というと、人の心に働きかけるということになりますが、画家にとって、それは単なる自然現象による結果に過ぎません。画家は、自分自身のために描いているのです。
▼ 絵画と写真はどう違うの ?
▼ 時流を外れた作品はよくないの ?
▼ 良い絵ってどういう絵 ?
▼ 絵画って何 ?
▼ 絵画ってなんの役に立つの ?
▼ 誰のために絵を描くの ?
▼ 抽象画って理解できない。
木登り大好き。笹かまぼこも大好き。
僕は atelier「揺り籠」のマスコット…「atom」といいます。…
どうぞ宜しくお願いします。
絶対に知っておきたい知識 … お絵かき Q&A(基礎編)
美術史上には絵画に限らず、芸術に対する考えのちがいから様々な流派が存在し、また、新たに生まれてもいます。このことは、流派や主義とは行き着くところの無い模索の連続であることを物語っています。アトリエ「揺り籠」は、これらの流派や時流とは無関係に、絵画のあるべき姿を特定することなく制作活動をしています。
また、「芸術は心の栄養である」 という主張を掲げながら、結果として、自分や人々が癒されるべきものであると考えています。
アトリエ「揺り籠」は、絵画制作はもちろん、通信制の絵画教室などを主業とする美術工房です。
僭越ではありますが、これらの活動によって、皆様の生活が、豊かで潤いのあるものになれば…と思っています。
「揺り籠」流クリエティブワークの概要
Digital作品/「.m」
アトリエ「揺り籠」の…勝手にひと言語録
● 現在の流行は既に過去のものである。
● 皆がやっていることをして何の意味がある。
● 我々は現在の「便利」を活用すべし。
● 芸術とは心の栄養である。
● 幸せとは、それを感じられることである。
アトリエ「揺り籠」Web絵画教室に移動します。
このサイトの推奨ブラウザは Safari-Ver.11 です。
他のブラウザでごらんいただく場合は、レイアウト崩れなどを起こす場合があります。